ボーナス転職

転職エージェントおすすめランキング

30代の転職はおいしいところ尽くし!?

30代の転職、皆さんは有利だと思いますか?不利だと思いますか?

 

20代の若い頃のほうが年齢的にも新しいことに挑戦できて有利だろうな、40代の人ほどキャリアや実績を出すことになると難しいな、と悩みが色々出てくると思います。

 

30代の転職は多くの人が悩むひとつの時期であり、それなりに使えてそれなりに成長してくれるだろうと考える日本の企業としてはもっともニーズを満たした時期なのです。しかし、30代前半と後半では大きく変わってくる点には注意が必要です。

 

30代前半の転職は即戦力とその後のマネジメント能力

30代前半は会社も前向きに検討してくれる一番の転職時期です。20代と比べると経験もありそれなりに実績を積んできた年齢になるため、多くの企業は将来のビジョンが分かりやすく採用も積極的です。また柔軟力もそれなりにあり会社にも溶け込めるだろうという期待感も強いため、落ち着いた人柄の人が好印象です。

 

しかし、未経験となると話は別になります。会社で育てるというのは20代までを対象としており、それ以降は貢献できる人が欲しいというのが本心です。キャリアアップという面ではかなり有利な転職にはなるので、まずは自分はどれだけの市場価値があるか分析してみるといいでしょう。

 

30代後半の転職は幹部候補や次期リーダーとしての能力

30代後半から、転職活動はきびしいと言われる時期にさしかかって来ます。大きく変わるのはリーダーとしてマネージャーとして働いて活躍してもらえるか、という重役の判断になってきます。

 

そのため、社員と経営者の意見を繋ぐだけの力があるか、今まで働いてたいたときに自分より上の人と下の人の意思疎通を繋ぐことができたか、ということを重要視します。

 

30代は転職の天王山。もっとも企業に求められ、もっとも活躍できる時期、まさに30代は転職を成功させるための大事な期間です。

 

多くの企業は優秀な人材にはお金を払うことをためらいません。いい会社を目指したい人は転職エージェントなどの、企業がお金をかけている媒体でチャレンジしてみましょう。