ボーナス転職

転職エージェントおすすめランキング

転職を左右する担当キャリアコンサルタントとの相性

キャリアコンサルタント 相性

 

転職エージェントとの相性は、エージェント担当者との相性でもあります。エージェントの担当者は一般的にキャリアコンサルタントと呼ばれ、登録時から採用決定後の収入交渉まで転職活動の全てをサポートしてくれます。

 

あなたの転職活動において重要なポジションを担う転職エージェントとは、必ず良好な関係を築いていくべきです。もし、どうしてもキャリアコンサルタントと相性が合わない場合は、担当者を変更してもらうべきです。

 

転職を左右する担当者との相性は、次のようなポイントで判断すると良いでしょう。

相性を判断するポイント

転職活動をしっかりサポートしてくれる担当者と活動することが転職成功への近道ですが、担当者との相性は転職活動を進めていく中で判断していくものです。

 

コミュニケーションの取り方や紹介される求人の質が判断材料になり、相性が合わない担当者は、ズバリあなたの現況や将来の方向性を察することができない人です。

 

多くの場合、転職活動は在職中で時間に制約があり、活動に制限があるものです。しかし、登録時にその旨の都合を伝えているにも関わらず、無視した連絡を入れてくる担当者には注意が必要です。

 

また、紹介される求人の質も相性を判断する重要なポイントです。紹介してくる求人が、提示した条件と違うものばかりという場合、あなたが提示した条件を理解できていなかったり、とりあえず転職させようとしている可能性がありますので注意が必要です。

相性が悪い担当者は変更してもらおう

転職エージェントを利用する際には、登録時から担当者が付きます。一般的には一人の担当者が就職・転職活動のスタートからゴールまでをサポートしてくれる場合が多くなっています。同じ担当者にサポートしてもらえることは、安心感に繋がりますね。

 

転職活動を成功へと導いてくれる転職エージェントですが、利用する際には注意が必要です。なぜなら良い担当者に出会えないと、転職実現どころか活動が長引いてしまうこともあるからです。おかしな担当者を見極め、転職を成功させましょう。

 

担当者との相性が悪い場合は、担当者変更を検討するべきです。相性が合わない担当者との活動は、時間の無駄でありストレスに繋がります。転職活動は自分自身の将来を選ぶことでもありますので、他者に依存するのではなく、あくまでも自分で選択しながら伝えていくことが重要です。

 

相性が合わず、担当者変更を願い出ても、なかなか変更してもらえない場合があります。転職エージェントにおけるキャリアコンサルタントの人員不足や、担当者の意地や体裁など、エージェント側の都合の場合が多いものです。そんな時は、その転職エージェントとの相性が悪いと判断するべきです。

 

転職エージェントはビジネスであり、転職を成功させて報酬を得ています。エージェント側の都合を優先させるなら、その程度のエージェントということです。早々に判断し、他の転職エージェントに乗り換えての活動を行いましょう。

 

あなたの希望を実現してくれる転職エージェント選び

こんな担当者はすぐに変えてもらおう

求人紹介が怪しい担当者

おかしな担当者の特徴は、登録時のあなたの希望や待遇条件などを無視した支援をしてきます。特に紹介される求人には注意が必要です。本来あなたが希望しない求人ばかり紹介してくる場合は、すぐにでも担当者を変更してもらいましょう。

 

そもそも多くの方が転職を考えるキッカケは、現状に満足できないという理由であるにもかかわらず、収入面や勤務地などの希望する条件を満たさない求人では、転職する意味がありません。そのような担当者との転職活動は、間違った転職を行ってしまいかねない危険な行為です。

 

転職希望者の都合を無視する担当者

在職中に行う転職活動ではどうしても時間的制約がありますので、応募企業との連絡を就業時間に取りにくいなどといった問題が発生します。

 

転職エージェントを利用することによって、就業時間以外に求人紹介を受けることができたり、進捗確認をできることで転職活動に対する時間的制約やストレスが大幅に軽減できます。

 

便利な転職エージェントですが、ハズレの担当者に当たってしまった場合は逆にストレスだらけです。

 

就業時間中に電話を何度もかけてきたり、現在の職場を休めない日に面接を設定したりする担当者もいます。このような場合は、転職希望者だけでなく求人企業とのコミュニケーションも取れていないことが多いので、エージェントの担当者がハズレだと感じた場合は遠慮なく変更を願い出ることが大切です。

 

その際、担当者から変更に対する抵抗があった場合は、そのエージェントの利用を止め、他のエージェントを利用することを考えましょう。

 

最初に登録した転職エージェントだからといってズルズル利用を続けても、時間の無駄です。同様の求人は、他のエージェントも扱っていることが多いですから。

 

転職エージェントは便利なサービスなのですが、担当者によってはあなたの転職活動の障害にもなることを理解しておくことが重要です。

担当者を変更したいなら転職エージェントと直接交渉しよう

転職エージェントは求人紹介や日程調整から、採用時の収入交渉までを代わりに行ってくれますので、自らが直接企業と交渉する機会は少なく、担当者の力量によって転職活動の成否が分かれてしまうこともあります。

 

そこで、良い担当者との転職活動を行うためには、エージェントとの交渉が必要です。

 

担当者と連絡を取る場合は、エージェントに電話をして取り次いでもらうことが多いようです。そこで、担当者に取り次いでもらう前に状況を説明し、他の担当者への変更を希望することです。ズルズル引き延ばすのではなく、ハッキリ意思を伝えることが必要です。

 

転職エージェントの担当者もロボットではなく人間である以上、ネガティブな話は言い出しにくい場面もあります。しかし、転職エージェントも転職を成功させて企業から報酬を受けとるビジネスですので、一時の情に流されるのはお互いにとって良いことはありません。ハッキリ担当者変更を希望しましょう。

 

また、担当者とのやり取りの中で、ハッキリ伝えることも有効です。キツイ言葉を投げつけるのではなく、感じることを説明するのです。転職成功のためには、自分から行動を起こしていくことが大切です。

 

今後の関係を考えると、担当者を否定することに躊躇してしまうものですが、合わない担当者のままだと、転職活動はスムーズに進みません。

一つの転職エージェントにこだわる必要はない

もし、ハズレの担当者を変更してもらえない場面は、早急に他の転職エージェントを利用すべきです。

 

企業が求人を出す場合は、よっぽど特殊な求人でない限り複数のエージェントに依頼しているものです。求人の魅力で躊躇している場合は、まず他のエージェントにも登録して同様の求人を探してみましょう。

 

ボーナス転職希望者が選ぶ転職サイト人気総合ランキング