ボーナス転職

転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントは複数登録した方が良い3つの理由

転職エージェント 複数登録

転職活動を進めるにあたって転職エージェントはあなたの強い味方となりますが、「転職エージェントは1社だけでなく、複数利用するのが良い」ということが転職に成功した方の間ではよく言われています。

 

ここでは、3つの切り口からその理由を説明したいと思います。

 

転職エージェントごとに強みが異なる

世の中には転職エージェントと呼ばれる企業がたくさんありますが、各社ごとにそれぞれ特徴があり、強みとする部分が異なります。
たとえば求人数に強みを持っているところや、無料セミナーや面接対策などのサポートが充実しているところ、さらには特定の業界に特化して大手よりも深い知見を持っているところなどです。
こういった各転職エージェントの特徴をそれぞれ活かすためにも、複数の転職エージェントを利用することが重要になります。

 

担当者にも当たりハズレがある

転職エージェントでは基本的に転職希望者各々に担当者がつき、担当者を通して求人の紹介、採用面接の調整、雇用条件の交渉などを行ってもらうことになります。言ってしまえば担当者の力量がそのままあなたの転職活動の成否に直結します。したがって、担当するキャリアコンサルタントの方が優秀かどうかは、転職希望者にとって非常に重要な問題なのです。
しかし、大手の転職エージェントだからといって必ずしも優秀な担当者がついてくれるとは限りません。また、そもそも1社の転職エージェントしか利用しない場合だと、その担当者が当たりかハズレかを判定することすら難しいでしょう。
そのため複数の転職エージェントを利用して、複数の担当者と相談した後、最も良いと思われた担当者の転職エージェントをメインにして転職活動することで、担当者の当たりハズレによるリスクを軽減することが可能となるのです。

 

転職エージェントごとのバイアスを軽減できる

転職エージェントはさまざまな観点から転職先の企業を勧めてくれますが、転職エージェントごとに持っている情報が異なっていたり、そもそも求人企業から支払われる成約料が転職エージェントによって異なるため特定の企業を優先的にお勧めしているケースもあったりして、1社だけのアドバイスではやや情報に偏りがある可能性が懸念されるのです。
そういった情報の偏りによるバイアスを軽減するためにも、同一の転職候補企業に対しても様々な転職エージェントを通じて情報を提供してもらい、なるべく客観的な情報にすることが必要なのです。

 

上記のような理由により、転職エージェントは複数利用した方が得策なのです。一方、最近では転職エージェントを複数利用することが転職希望者にとっては当然のようになっていることから、各転職エージェントの間で他の転職エージェントでの選考状況について把握しようとするようになっています。
この場合、担当者に嘘をついてもメリットはありませんので、他の転職エージェント経由での選考状況がどうなっているかについても連絡を取り合いながら転職活動を進めるようにしたほうが担当者との信頼感も築けますので良いでしょう。

 

メインで活用する転職エージェント以外にも複数の担当者とのメールのやり取り等がやや面倒にはなりますが、それを補って余りあるだけのメリットを複数利用することで享受できることでしょう。