ボーナス転職

転職エージェントおすすめランキング

年収アップを目指すときの転職エージェント活用方法

年収アップを目的とした転職において、転職エージェントを利用することが成功への道だとされています。

 

採用面接の際に、自分の年収を上げたいとはっきりと言える方がどれだけいらっしゃるでしょうか。多くの方は選考に響くのではと考え、言葉を飲み込んで妥協してしまう現状ではないでしょうか。

 

そこで、年収アップを目的とした転職で、なぜ転職エージェントの活用が有効なのかご説明します。

 

年収交渉はエージェントにとってもメリットがある

まず転職者が自分だけで年収交渉を成功させるには、かなりの営業力と年収アップするに値するキャリアが必要になってきます。自信を持って、交渉できる人はどのくらいいるでしょうか?

 

そこで、転職エージェントの登場です。過去多くの転職者の年収アップをサポートしてきたノウハウを最大限に活かし、企業との交渉を代行してくれます。

 

転職者のためでもありますが、エージェント自身のためでもあるのが年収交渉です。転職者の年収はエージェントの利益に大きくかかわってくるからです。

 

内定後、転職者の年収から平均して30%前後がエージェントへの手数料として企業から支払われます。つまり、少しでも高い年収で転職をしてくれた方がエージェントとしては取り分が大きくなるわけです。この利害関係の一致がwinwinの関係となり、手厚いサポートへと昇華されていくのです。

 

大幅な年収アップにはチャレンジする気持ちが必要

現状に似た職場環境のまま年収アップを図ろうとしても、ある程度の相場が見えてきます。いかにあなたにスキルがあっても、実績があっても年収アップは微々たるものになるでしょう。

 

では、どうしたら大幅な年収アップが可能なになるのでしょうか?それはチャレンジングスプリットです。

 

年功序列ではなく、実力重視の会社に転職してみたり、今のスキルや実績を武器にワンランク上の役職に挑戦したり、ベンチャー企業への転職も視野に入れたりするなど、現状の職場環境から脱却しようとすることが大切です。

 

このチャレンジ精神は転職エージェントとの面談の際にも評価され、よりよい求人を紹介してもらえる可能性も高くなります。

 

年収交渉はエージェントに任せ、その時間をスキルアップなど今後のためになることの勉強の時間にあてるなど、新しいことへのチャレンジ精神が年収アップにも繋がるのです。