ボーナス転職

転職エージェントおすすめランキング

利用してわかる転職エージェントの内部事情

転職エージェント 内部事情

 

転職エージェントには、実際に利用してみないと見えない内部事情があります。

 

転職希望者は利用料金がかからないエージェントが多いため、ハローワークと同様に公的機関と勘違いしがちですが、あくまでも営利目的として運営されておりビジネスとして成立することを理解し、依存し過ぎない活動を行うことが重要です。

 

転職エージェントは営利企業ですから、当然のことながら担当者には業績目標が設定されています。また、転職エージェントに対する報酬は、登録している転職希望者が企業に採用された時に初めて発生します。

優秀な人材を確保するには企業の採用コストが高くなる

転職エージェントの運営費はいったいどこから出ているのでしょうか?

 

ほとんどエージェントは、登録者が採用された場合に、採用した企業から報酬を受け取る仕組みになっています。転職者の収入の何割といった具合に報酬が決まるため、転職エージェントが収入交渉まで行うのも納得できますね。

 

企業が転職エージェントに求人を出すには、優秀な人材を発掘したいという思いの表れでもあります。また、多数の応募者が殺到しそうな場合には、採用に掛かる労力を削減するために転職エージェントに一次選考を代行させている場合もあります。

 

反面、一人採用するのにかかるコストは直接募集よりも高くなる分、選考のハードルが高くなっているという裏事情をきちんと理解しておく必要があります。

あなたもランク付けされているという内部事情がある

転職エージェントを利用していると、一度や二度は希望条件に合わない求人を紹介されることがあるものです。その際にはただ単に断るだけではなく、理由を確認しましょう。

 

エージェントや担当者が、自分に対して社内でどのような位置付けをしているかを知ることができます。

 

求人を数多く紹介してくれるということは、転職を実現させたいという気持ちの表れでもありますが、あなたの希望条件を満たすことよりも自らの業績目標のために早く転職させたいだけの紹介なら、転職失敗にも繋がりかねません。

 

求人の紹介理由を聞くことは、あなた自身が受け身ではない、転職への姿勢を見せることにもなります。

担当者の甘い言葉には注意

転職エージェントから紹介される求人は、どれも魅力的に感じるものです。あなたが事前に提示していた条件と違う部分があっても、キャリアコンサルタントからの一言が付け加えられることにより、その求人の魅力度は増していくものです。「受けるだけ受けてみて!」という担当者の言葉には、細心の注意が必要です。

 

転職エージェントが扱う求人は、全て良い求人ばかりではありません。企業側や転職エージェントの思惑が潜んでいる求人もあったりするのです。そんな求人に応募した後に裏事情に気付き辞退する場合には、エージェントからの説得や一筆書かされるといった事態も発生します。

 

その際、企業側の意向やエージェントの立場を強く主張される場合には、きっぱり縁を切って、他のエージェントや転職媒体を利用することをオススメします。

転職エージェントに依存しない

転職エージェントは、転職を確約してくれるものではありません。エージェントを利用していればいつかは転職できるだろうといった甘い考えは直ちに捨ててください。転職エージェントはあくまでもサポーターなのです。

  • 数社の求人を紹介されたが、その後は何の連絡もない。
  • 応募を催促されたのに、経過も結果も連絡がない。
  • 登録したけど、その後何もない。

転職エージェントを利用する中では、「嘘でしょ?」と思うようなことが発生するという裏事情もありますので、依存や過信するのではなく自ら活動を行っていくことが大切です。

 

転職活動は、自分の未来を切り開くために行うものです。転職エージェントの商材となり、内部事情に振り回されていては、あなたにとって決して良い転職にはなりません。

 

転職エージェントを利用する際には、利用するサービスの仕組みや裏事情をきちんと認識した上で利用しましょう。全て任せきりの活動は大変危険です。

 

転職成功のためには、自分の意思を確認し、行動していくことが必要です。成果が見込めなければ早目に他のエージェントを第一候補にするくらいの気持ちで臨むことが大切です。