ボーナス転職

転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントは複数登録できる

転職エージェントの魅力は、転職活動者を個別にサポートしてもらえることです。しかし、使い方を間違えれば、転職活動期間の長期化や転職失敗になることもあります。

 

したがって、希望に合った転職を実現させるためには、複数のエージェントに登録することをオススメします。転職は人生を左右する一大イベントです。大事なことを決める際には、同様のサービスを複数利用し比較しながら利用していくことが大切です。

 

転職エージェントは、いくつでも登録、活用することが出来ます。エージェントに登録する際には、転職活動の状況を確認されるとともに他に利用しているエージェントを確認されますが、転職活動では複数のエージェントを利用することが当たり前となっています。

 

転職エージェントは扱っている求人に独自性や違いがあるため、より条件にあった企業を見つけるには複数のエージェントを比較し活用することがポイントなのです。

登録すべき転職エージェントの見分け方

複数のエージェントに登録する際は、エージェントの規模を考慮することも重要なポイントです。大手エージェントは、求人数が多い魅力がありますが、登録者も多く利用者間の競争があります。一方、中小エージェントは、登録者が少なく特徴ある求人を扱っていますが、業界が絞られることや扱う求人の量が少ないです。

 

希望する転職を実現するためには、大手と中小に登録し、比較しながら活用していくことも有効な手段です。

転職活動中も転職エージェントを精査しよう

転職エージェントの中にはいわゆるオーディションのような求人を扱っているところがあります。

 

一次選考を企業ではなく転職エージェントが代わりに行い、通過できた人だけ企業に応募できる仕組みが存在するのです。大手や有名な企業が採用している場合が多い方法で、魅力的な求人が多いことが特徴です。

 

しかし、各エージェントによって希望者を独自に選考するため、エージェント担当者との信頼関係が重要になります。相性が合わない担当者では選考が通過しにくいというデメリットも存在します。

 

また、募集側の大手企業や有名企業も、登録者同様に複数の転職エージェントを活用した採用活動を行っている場合が多いです。したがって、複数のエージェントを活用することで、選考が通過しやすいエージェントから求人へ応募することも裏ワザです。

 

転職エージェントを活用した活動を始めてからも、相性が合わなければ違うエージェントを活用する柔軟性も必要ですね。

まとめ

このように数ある転職エージェントによって、転職活動の方法が変わります。転職エージェントを活用する際には、他のエージェントと比較しながら精査することが大切です。