ボーナス転職

転職エージェントおすすめランキング

Uターン就職を成功させるコツ

生まれ育った地元を離れ仕事をする人は少なくないはずです。そして、親の老後を考え多くの方はUターン就職を検討する方も多いと思います。

 

都会から都会へのUターン就職はあまり困らないかもしれませんが、都会から田舎のUターン就職は求人の数や独特の地域性など多くの問題が潜んでいます。

 

Uターン就職で得られるものと割り切るもの

地方へ戻るUターン就職、最近は田舎に帰って仕事ができると人気がありますがいいことばかりではありません。

 

地方となるとまず求人は少なくなり、業界や職種を選ぶという贅沢はできなくなります。そのため就職の情報収集もフリーペーパーなどに頼らなければならない可能性もあります。

 

一番心配になるのはその場合の収入です。自分のしていた業界へ移動できたとしても大幅に変わってくる可能性があります。

 

得られるものとしては、都会の喧騒から離れ静かに暮らせることや渋滞などの苦労がなくなるなどの休日の楽しみの幅が広がることです。家賃なども安く広いところが増えるので、都会では諦めていたような夢の部屋を選ぶことも可能になってきます。都会で縮こまっているよりは田舎でのんびりと過ごしたい、休日は静かに生活したい人にはとてもいいメリットです。

 

静かで穏やかな地方だからこそ情報収集は念入りに

地方と都会の大きな違いはその地方独特の習慣がある可能性が高いということです。そのため、単なる仕事にプラスαで他の作業がついてくることもあります。また人とのつながりは量より人ひとりひとりの強さが重要になってきます。

 

現在の世の中で情報を集めることに困るということはなかなかありませんが、地方ではそれが通用しないところもあります。自分の欲しい情報とその地方の情報はありすぎるくらい集めておいて損はないでしょう。

 

地方のいいところと悪いところの差

多くの人は便利な都会から地方への移動となると、とても不便になります。それが果たして妥協できるものか、どうしたら解消できるかということは転職前に重要なことです。

 

特に雪が多く降る地方、台風の被害が大きい地方など季節の交通網関係はきちんと把握しておきましょう。また、地方だからといって仕事が静かだとは限りません。人手が不足している分それだけ仕事量が多く、給料と割に合わない可能性も出てきます。

 

今いる場所でやれることを考えた上で、地方へのUターンを検討するのが成功するためには重要です。