ボーナス転職

転職エージェントおすすめランキング

それほど差はない!?女性の転職

多くの人が考える転職という転機。でも、女性に対しては昔から男性より少しハードルが高い気がする、という考えは間違ってはいません。
残念ながら今もなお日本の企業には、女性は結婚をしたら子供が生まれたら仕事をやめるという考えが残っているのが事実です。

 

しかし一方で女性しかできない仕事が増えたり、子供が生まれてからのサポートなどを取り組む企業が増えているのも事実です。

 

女性の転職は同じ歳の男性よりは難しいかもしれませんが、女性を望む企業は比較的に見分けやすいので、しっかりと企業を見つめるところから始めましょう。

 

女性としてのライフプランを立てる

男性と大きく違う点は、ライフプランを立てておくということです。女性は結婚と出産、大きく2回の分岐点があります。そこで仕事をやめられると会社としては大打撃です。特にその女性が中核を担う存在だと致命的なものになってしまいます。

 

既婚者の場合であれば、家庭と仕事の割合はどの程度かということが分かると会社としての採用率は高くなると考えられます。会社の人に安心してもらうためにも転職を含めた5年ほどの予定は立てておいたほうが面接時有利に進められるでしょう。

 

求人から拾える情報を最大限に活用する

女性の転職は結婚後や出産を考えると男性よりは難しいです。しかし、女性しかできない仕事もありその道を選ぶなら性別は最大の武器となります。特に受付窓口や電話対応は男性よりも女性のが印象はよくなります。男性にはない魅力は最大限に生かしましょう。

 

そのためにも求人はよく見ておきましょう。中には女性が欲しくて女性のための福利厚生がある企業もあります。その場合、女性の採用率はグッと上がります。

 

女性が転職で本当に得たいものは何か

女性の転職の理由は多くあると思います。しかし全てを得るということは、現状でとても難しいことです。管理職になりたい人、給料を上げたい人、休みが欲しい人、色々あると思います。その得たいもののために何を諦められるか、明確にしておくと転職はグンと楽になります。

 

今では女性専用のエージェントもあります。とりあえず相談をしてみて、ある程度の進む道を決めておくのもひとつの手ではないでしょうか。